大阪ナンパ実践

【ネトナン】10月の初アポ2連敗で心が折れそうになった話

2018年10月2日

先月の記録を超えたい

先月は新規12即を達成。

より記録を超えるため
10月の目標は15即。

自分が得たい目標を
具体的な数値にすることは
非常に大切だ。

数値がハッキリしていると
それをゴールにし

達成しなければいけない
行動を逆算して
洗い出すことができる。

 

だから
ノートと手帳にアポの記録
細かくつけていこうというのも
今月の目標でもある。

漏れなく、、、

さて、
早速この日は2件のアポをこなした。

結果としては
次のようなものだ。

ポイント

アポ1=負け:ティンダー31歳
アポ2=負け:With26歳

それぞれの内訳と反省を
ここに記録しておく。

アポ1=負け:ティンダー31歳

ポイント

【敗因】仕上げのミスコミュニケーション
【流れ】アプリ→アポ確定→LINE→アポ当日合流→解散

ティンダーでマッチした女性。

もともと即系ではなく
どちらかというと非即系。

アプリのやり取りで
セックスの打診をすると

最初は微妙な反応だったが
試してみても良い…というような返事だった。

アポを取り付けて
LINEを交換。

当日合流して
ホテルの方向へ向かう。

その途中に、
「どこへ向かってるの?」と言われたので

「ホテルだよ」と答えると

「そのつもりはない」と言われて

「帰る」となり解散した。(笑)

アプリでそういう話をしていただけに
こちらが拍子抜けしてしまった。

秒で解散したのは
これが初めてだったので

戸惑ったが
いい経験になったと思う。

  • 事前のスクリーニング
  • 仕上げ
  • セク確

が足りなかったと反省。

もともと
アプリでやり取りしていた時から
返信が遅く

食いつきも高くなかかったので
その時点で微妙だったのかも。

返信速度と食いつきは比例している。

よって
レスが遅い人は
即りにくかったりする。

アポ2=負け:With26歳

ポイント

【敗因】トーク不足、ルーティンが甘い、自己開示しすぎた
【流れ】アプリ→アポ確定→LINE→合流→バー→打診失敗→放流

ティンダーでマッチした女性。

当日、2人目のアポ。

ティンダー子が秒で負けて
終わったので

急遽マッチして
たまたま都合があったので
アポを入れることになった。

スト値は高くないが
一人暮らしなので

あわよくば
ヨネスケを狙おうと考える。

合流し
いきつけのバーへ行く。

すぐにマッチして
アポを取って会ったため

仕上げもスクリーニングもしていない。

だから
バーで仕上げるしかない。

2時間ぐらいバーで和んで
ルーティンも決まった感じがした。

なかなか悪くない手応えだった。

がしかし

バーを出た後に
ヨネスケ打診して誘ってみるも

「いきなりは嫌」とグダが発生。

崩せるか?試みるも
厳しそうだったので放流することに。

即興で仕上げられるスキルの重要性

やっぱり
事前のLINEや通話での
仕上げが重要だなと感じた。

けれども
仕上げ無しで即へと
持っていけるスキルがあったほうが
ネトナンをする上で

かなり有利になる。

なぜなら
即系だけでなく
非即系の女性も

当日即ができるようになるから。

これができるようになれば

  • ストナン
  • バーナン
  • クラナン

なのでも
戦いやすくなるだろう。

だからこそ
仕上げなし勝ちが見えなくても
アポを入れて場数を踏み

トークやルーティンを
試していく事は
必ず経験値になる。

10月に入って
いきなり2連敗してしまい
凹みそうになったが

まだまだ勝負は
これから始まったばかり。

めげずに
アポを取っていこうと思う。

そんなところだ。

 

-大阪ナンパ実践
-

Copyright© 軟派わが闘争 , 2019 All Rights Reserved.