大阪ナンパ実践

ナンパは自分という商品を売り込む営業マンであり、自分という商品を市場へプロデュースするマーケッターである

ivanovgood / Pixabay

ういいいいいいいいいいいいいいいいいいいっす!!!!!!!!!!

どうも、工藤です。

 

連日飲み過ぎ
+オールで

これは
「早死」するな。。。

というような状況です。(笑)

 

もうポンコツ野郎です。

 

さて
今回もアウトプットしていきますよ。

 

最近知り合った相方と
またストに出てまいりました。

 

結果としては

14声かけ
2エルゲ

というものだったので
満足です。

 

大体私のエルゲ率が
10-20%なので

ナンパ声かけのKPIとして

10人声かけて
1人エルゲできれば

私としては満足です。

 

逆にそれができなければ
なかなか渋い心境になります。

 

もちろん
時間帯によったり

自分のキャラや
プレイスタイルによったり

声をかける属性によって
ヒットレシオも変動するので

一概に数値だけでは
語れない部分も多いかと思いますが。

 

ストは最近サボリ気味でしたが

「やりましょう!」と

誘ってくれる仲間がいると
嫌でも試行回数が増えるので
リハビリできています。

 

ナンパを上達したくば
気軽に街に出れる仲間を
3-10人作ると

どんどん上達できるでしょう。

 

もちろん
ある程度行動力のある人と出たり

完ソロでも戦える実力がないと

ただ路上でだべっているだけになったり
地蔵トークに終始することになるので

厳しかったりするのですが。

 

今回も楽しいストでした。

 

この回で特に印象的だったのが

 

歳上のお水に声をかけたら
和めてエルゲできたことです。

 

夜の仕事だけあって

凄い美人かつ
水系は声をかけ慣れまくっている
人が多いので厳しいかな?と思ったんですが

ダメ元で声をかけたら
オープンし和めました。

 

このダメ元でも
声をかけるという
マインドは超重要です。

 

この人無理かな?という場合でも
声をかけたらすんなり
オープンする場合があるからです。

・早足
・イヤホン
・機嫌悪そう
・お水

…etc

そんなの関係ありません。

 

オープンできるかできないか?
なんて

最終的には
声をかけてみないと
わかりません。

 

相手の様子を観察して
いけるか?いけないか?を
判定するのもいいのでしょうか

 

サクッと
声をかけるほうが
後悔なくすぐ判定できます。

 

だから
声をかけない言い訳を作らず

タイプだと思ったら
玉砕覚悟で特攻しましょう。(笑)

それが漢ってもんです。

 

間は魔。

声をかけるか?かけないか?
時間をかけて

悩めば悩むほど
考えれば考えるほど

それに比例して
どんどん足取りが重くなり
最終的にをかけることができず
結局、試合終了です。

 

話がそれましたが

 

オープンし和む中で

「お兄さん営業やってたらトップいってそう」
「話術とコミュニケーション力がやばい」

と女性にお褒め頂きエルゲできたのは
ナンパやっててよかったなーと思いました。

 

なぜなら
2年前は街に出ても

 

地蔵×坊主の日々。。。

 

このブログの最初の記事を
見てもらってもわかるのですが

全然ボロクソでした。

 

それがこうやって
街に出たら自分のコミュニケーション力で

・エルゲができたり
・出会いを作れたり
・可愛い子とセックスができたり

そして

人様にストリートナンパを
教えられるぐらいにまで

成長できたんですから驚きです。

 

2年前は
そんな自分の姿を
全く想像できませんでした。

 

なかなか芽が出ませんでしたが

単純に楽しさと好奇心だけで
コツコツ行動を継続していって

今振り返ってみたら
こんなところまで
来ていたんだ!!という感じです。

 

師匠を始め
ナンパを実践する中でできた
仲間のおかげということもあります。

本当に感謝ですし

やっぱり
人との出会いと記録は大事ですね。

人によって影響や環境が変わりますし

そういった出会いや行動も
記録をしないと忘れてしまうので。

 

成功も失敗も
記録しておくことで
自分を客観的に見ることができますし

そのデータが自信と財産になります。

 

オリジナルストーリーですし
この世で唯一無二のものです。

人生の主人公は自分ですからね。

 

目標を定めて
日々ストーリーを紡ぎ出し
そのストーリーを人に伝えて
人の心と感情を動かすことができる

ストーリーテリングの
達人に誰もがなるべきだと思います。

主役はいつだってあなたです。

 

また話がそれましたが

そんな具合で楽しいストでした。

 

あとは最近お気に入りのキセクと

よくデートするようになりました。

 

一緒にいてて
居心地が良い女性で

セックス目的というよりも

なんというか
こういう女性となら
付き合ってもありかな?というタイプです。

 

ナンパして
セックスをしまくっていると

1回してしまったら
次はいいかなー←失礼

と思うことが多いんですが

逆にそうじゃないタイプの女性は

セックスではない
別の部分に惹かれたりするので

彼女や結婚相手にするなら
そのように感じる人かな…と

思いました。

 

貴重ですよね。

 

そういうタイプのキセクが
数人いる中で

新規を追い求め
街に出続けることは

リスクもあるんですが

ガンガンストリートができるのも
若いうちだけだと思いますし

 

言っても
私もアラサーであって

 

アラツーというわけでもないので

とにかく
毎日毎日チャレンジするしか
ないなーと思う次第です。

 

アラサーのナンパ師とか見ていても
そう思います。

 

まあ彼らも
ぽっと出ではなく

それなりの下積みや経験。
スキルがあるからこそ

歳をとっても
スキルでカバーできると
思うのですが

 

それが例えば

アラフォーになってから
ナンパ初心者デビュー!!して

厳しい修行の日々を
送ることに比べたら

今の私の状況は
まだ優しいと思うので

言い訳せず
街に出ないとなーと感じています。

 

とりあえずそんな具合です。

 

最後にNLPの本で学んだ
面白い教えがあったので
共有して記事を締めようと思います。

目標達成の技術です。

なにか目標を設定した時に

・より大きい目標
・より小さい目標

というものがあります。

 

どちらにせよ
行動しなければ目標は達成できません。

 

たとえば
「ナンパで美人とセックスする」という
大目標があったなら

より小さい目標は
「街に出て声をかける」になります。

 

目標は大きい方がやる気になりますが
大きすぎても成功体験がすぐにできません。

 

だから
そういう場合は大目標から逆算して
小さな目標を設けて

それをコツコツ達成して
ゴールに近づいていくというのが理想です。

 

その際に
行動を起こす動機(スイッチ)として

「もしこの目標が達成できたら、どんないいことがありますか?」

と自問自答するのが良いです。

 

逆に目標を達成できない場合は

「何がそれを妨げていますか?」

と自問自答し、

 

そこからまた

「もしこの目標が達成できたら、どんないいことがありますか?

と深堀りして
行動に駆り立てることで

成長ができます。

 

そんな感じで
大きな目標と小さな目標を設定し

それに向かって
第一歩を踏み出していきましょう。

 

そんじゃーの!!!!

-大阪ナンパ実践

Copyright© 軟派わが闘争 , 2019 All Rights Reserved.