未分類

コロナ禍でのナンパ活動で使える新たなフィールド!?相◯屋連れ出し即

nastya_gepp / Pixabay

どうもこんにちは、工藤です。

3~4月は「SOKU法」を体得し、より直ホ・直パレが簡単になりました。

いろんなnoteに投資しましたが、本当に感謝です!!

成長するためなら、投資は惜しみません。

 

手札、切り札が多いことにこしたことはありませんし。

メッセの時点でセク確できるので、それがそもそもナンパか?と言われるとよくわかりませんが、細かいことはさておき、女の子との性活は充実しております。

 

  • セク確APO=セックス上達
  • スト=口説き・アドリブ力上達・マインド鍛錬・ドラマを追求
  • 通常ネト=口説き上達

というように、棲み分けと目的を分けて遊ぼうと思います。

 

やはり、ナンパ活動を行う上で口説きとセックスが上手いにこしたことはありませんからね。女性からの満足度も高いと活動のモチベーションにつながります。

 

さて、ロコナが蔓延し、マンボウが発令されましたね。

ぶっちゃけ、ネトでいうと影響は全くなく、去年にロコナが蔓延してからも平均月10ゴールペースを保っています。

 

ストに関しても、出れば成果はあるのですが、ネトが楽すぎてそれに甘んじてしまっている自分が情けないです…が、口説きとセックス上達にはつながっています。

 

またストに出ても、好みの女性とバンゲやAPOはできているので、腕が鈍っている感じはありません。

 

昔みたいに、1日100~500声かけ、ローラーしまくるような回も復活させたいとは思っていますが時間が。。。

 

昔、泥臭くローラー&GTしていた経験があるからこそ、間が空いても地蔵無くしたい時にサクッと街で活動できるのは本当に積み重ねだなーと思いました。

 

さて、マンボウが発令し、連れ出し先の選定が厳しい状態になりました。

 

PUAに例外なし、ロコナだから、店が空いていないからゴールできないは言い訳だ!

そう思って、先日、某街でストをしていました。

 

が、、、

 

とにかく人がいない、、、

ローラーしたいが、人がいないことには厳しい、、、

 

そこにたまたま、目に飛び込んできたのが「相◯屋」のパネル。

 

しかも、女性の比率が高くて、女性あまりしている状況。

 

これはいくっきゃない?

 

と思い、ソロで特攻しました。

久しぶりの相◯屋。

 

最初に案内されたのは2人組の女性。

しかし、明らかに終電待ち感が半端なく、終始スマホをいじられていたので

 

チェンジ!!!!

 

2組目は、イモト似のソロ子。性格は悪くないが、見た目があんまりタイプでない。打診も通らず、、、

 

チェンジ!!!!

 

3組目は、結構可愛い子。蟻案件だが、話の感じは悪くない。

 

思い切って打診!!!!

搬送!!!!!!

Goal!!!!!!!

 

やってみるもんですね。しかもめちゃ可愛いし美乳!!

 

今回は超ラッキー回でしたが、案外、相◯屋。。。

使えるんじゃないの??と思いました。

 

実際、HPにて入店比率を確認すると、結構女性余りしている店舗が多い様子。

アプリに登録すると、結構盛り上がっているのか「一緒に行きませんか?」という通知が結構来ます。

 

相◯屋でお持ち帰りしまくっている人もいるのでしょうね。

 

ちなみに店舗によってはソロで入店できないところもあるので、事前にHPを見るなりして確認するのが良いでしょう。

私の場合、ストも、箱も、バーも、どこでもソロで特攻しちゃう性格なので一応そういう情報は事前にリサーチしています。

まぁ、相◯屋の場合は圧倒的にコンビの方が戦いやすいのでしょうが、時間によってはソロ子が結構いるのはソロスト師からしたら穴場かなと思いました。実際、ソロ子の反応はよく、和みもしやすかったです。

 

面白いのが、サブスクプラン…というのがあって、一定の料金を払うと行き放題!というコースもあります。上手く活用することができれば女の子を集客する強力なツールとしても使えるかもしれませんね。流石に課金はしませんでしたがちょっと興味はわきました。

 

ロコナ禍、マンボウ発令中の戦い方の一つの手札として「相◯屋」をご活用してみてはいかがでしょうか?

 

常に出会いの母数と試行回数を最大化することが女性と遊ぶには重要です。

ネトがダメならスト、ストがダメなら箱・バー・相◯屋…など、臨機応変に戦える場所を切り替えられるのが最強だと思います。

今後もスト、ネト、相◯屋…など、いろんなフィールドでナンパできるようなハイブリットを目指したいところですね。

 

日々鍛錬!!

 

そんじゃーの。

 

-未分類

Copyright© 軟派わが闘争 , 2021 All Rights Reserved.