未分類

銀座バー300とラピスでグループナンパを体験

FotografieLink / Pixabay

昨日に引き続き、
凝りもせずにバー300に立ち寄る。

時間は23時ぐらいだったかなー。

すでにピークの時間が過ぎていて、
人がかなり少なくなっていた。

それでも何人か女性がいたので、
何人かに声をかけるが、

先約と飲んでいたようで
アプローチならず、、、

あたりを見渡してみると、
昨日、知り合ったメンズの人がいたので
話しかける。

LINEも交換した。

今日の様子を聞いてみたところ、
「もう、この時間じゃ遅いよ。みんな終電で帰りだす時間だよ」と言われる。

たしかに、次々と店内を出ていく人の姿が、、、
もっと早くこればよかった、、、と後悔!!

けれども、せっかく来たので
そのメンズの人といろいろ情報交換をした。

また、この日は別のメンズの人も2人ぐらいいて、
4人プラス女子とでお酒を飲んで楽しんだ。

しばらくして、昨日知り合ったメンズの人が、
「次に行かない?」という提案をしてくれた。
面白そうだったので乗ってみることに。

銀座バー300を後にして、
そこからそう離れていない場所にあるクラブ。
「ラピス銀座」に行くことになった。

クラブに行くのは久しぶりで、
以前は心斎橋にあるクラブへ行ったことがあった。

受付を済ませて、
カラフルな階段を降りて地下のフロアーへ、、、

クラブミュージックがガンガンになり、
派手なイルミネーションが煌めく空間が懐かしかった。

ただ、全然女の子がおらず、
4人全員で肩を落とした、、、

ダメじゃん!!(笑)
4人で顔を合わせる。

ただ、何人か女の子がいたので、
ギャル風の2人組に話しかけてみた。

がしかし、全然ノリが悪く、
盛り上がらなかったので渋い思いをした、、、

※自分のトークスキルがまだまだ…というのもあるかも

他のメンバーもアタックしてみたが、
それほど盛り上がらず。

残念だったが、
席を経つことにした。

それから別の女の子2人組みと飲むことになる。
片方はかなり酔っていて、
やたら密着されたりボディタッチをされる。

相方の女の子が、
「持ち帰ってもいいけど、水を飲ませてあげて」という話になる。

持ち帰りは嬉しいが、
グロッキーな状態の女の子をホテルへ連れて行ってしまっても
あとあと面倒くさい状況になりそうだし

この辺の土地勘が大阪と比べると全然だったので
微妙だな―と思っていた。

が、女の子のグロッキー度が
どんどんひどくなって、

持ち帰りどころじゃなくなってしまったので
渋々、一人で帰ることに、、、

※他のメンバーは先に帰った

この日の教訓は、

こういう日もあるめげずに場数を踏もう!
人が多くないと厳しい!
金曜日か土曜日に来る方がいい!
グロッキーすぎる女の子の持ち帰りは微妙!?(笑)

というところかな。
とりあえず、ぼちぼち頑張ろうと思う。

PS

ちなみに銀座の300円バーって、
2つあるんですね。

また別の方にも行ってみようと思います。

-未分類
-,

Copyright© 軟派わが闘争 , 2019 All Rights Reserved.