ナンパの教材 ナンパ心理学 大阪ナンパ実践

女性のセックストリガーと欲求を引き出す戦略

Pexels / Pixabay

この日はネトナンの有料noteを購入した。
ネトナンポチさんとは別の人のノウハウだ。

ツイッターの投稿を見て購入する。

なんでも、
直家アポでセックスする…というものだ!

いつも、
居酒屋を挟んで
即または準即をしている私だが、

直接、
家アポができれば

効率よく
即が出来ると思ったから。

それができるのであれば、
その方法が知りたい…と思ったのが
ノウハウ購入のキッカケだ。

実際に、
この前はティンダーで出会った
女の子と初めて会った時に

家に泊まり
セックスした…という芸当を
実現できたのだが

あれは戦略がなく、
終電を逃して
たまたま打診したら

OKをもらえた…という
棚ぼた的な経験だったので
そもそも、再現性に欠ける。

だからこそ、
意図的に戦略を持って
家アポを連発できるような
"スキーム"があれば

ぜひ、戦略の1つとして、
手札に加えたいと思ったのである。

実際にノウハウを購入したら
すぐにざっと目を通してみた。

うむむ、、、
なるほど、そういうことか!!

そこには直家アポをするための
戦略が書いてあり

納得の部分があった。

もう一度読み直して、
実践できるところから
試してみることにする。

たしかに効率は良いと思った。

最後に、
女の子との状況について。

今私は

彼女が2人
セフレが1人いる。

彼女の一人とは別れるかもしれないが、
もうひとりとは頻繁に泊まりに行き

セックスをしている。

milivanily / Pixabay

セフレとは、
この前、セックスアポで
ラブホに泊まってセックスをした。

ローラ似の子で、
かなり可愛い。

別れそうな彼女以外とは、
結構、セックスの相性が良くって
かなり気持ちいいセックスが楽しめるので

嬉しい。

これから、
さらに新規を増やし

セフレ10人計画を実現してみたい(笑)

…とまぁ、そうは言っても、
現実的にキープするのは

2=3人が妥当のような気がする。

なぜなら、
メンテナンスもしっかり
してあげないといけないからだ。

やり捨てする…なんて、
ひどいことはする勇気がない。

実際には
セックスをしたあとに
自然消滅することもあるが

なるべく関係性を保ち、
何らかの価値を提供したいと
思っているからだ。

ワンナイトであっても、
出会ったのはご縁があるから。

ある意味、
それは運命チックとも言える。

StockSnap / Pixabay

そんな女性を増やすために、
毎日、新規集客の活動はしていて

安定して、
集客できているのが

タップル
ペアーズ
ティンダー

この3つである。

ゼクシィ
Omiai
With

については
今月はあんまりパッとしない。

※もちろんガンガン集客できる時もある

アプリのスタイルや
プロフィールの演出によって

リーチできる層が
変わってくるような気もするが

最近は、
これらのアプリを複数同時に登録する
ような女性もよく見かけるので

アプリでの出会いも
かなりカジュアル化しているような
肌感覚がある。

rawpixel / Pixabay

だからこそ、
ノウハウや戦略をもってすることで
集客のボリュームを増やすことは
多いにできると思う。

とりあえず、
調子のいい3つのアプリを
今月はうまく使っていきたい。

間近の予定としては、
日曜日にティンダーの女の子と
デートをする予定だ。

あとは関西に帰ったら、
23歳の女性とデートをする。

こちらは割と脈が強いので、
もう少し仕上げて
できれば即を狙いたい。

これはペアーズで
知り合った女性だ。

ティンダーについては、
今週はじめに発動した
「ブースト」が効いている感があるので

今週の金曜日の夜に、
またブーストをかけたいと思う。

週末、休み前の夜に
ブーストをかけると
ヒットしやすい

…というノウハウを学んだからだ。

geralt / Pixabay

女の子が普段

どんな生活をしていて、
どういう時に寂しくなったり
退屈に感じたり
またセックスをしたくなるのか?

マーケティング的に言うと、
ターゲットのペルソナ(理想の見込み客像)というものを

仮定し、
そのペルソナがどんな生活を送っているのか?
1日のスケジュールを仮設し

戦略的にアプローチをしていく事で、
マッチ率や即率を高めていく事が
できるはずだ。

それがわかれば、
もっと成果を出せるようになるだろう。

一流ホストは、
いつ女の子がうんちをしているのか?わかる

…なんて事を、
どこかで学んだことがあるのだが、

それがまさに
先程お伝えした

ターゲットを理解し、
日常生活を熟知していて
いつアプローチをすれば食いつくのか?

を完全に把握しているからこそ、
できる芸当にほかならない…と思う。

なので、
常にそういった視点を持って

ストナン
ネトナン
バーナン

などをやっていこう。

女の子もセックスがしたい生き物だ。
そして、男の数倍もエロい。

ただし、
彼女たちは

世間体
ひと目
建前

を気にするので、

あからさまに
「セックスがしたい」

なんていう女性は少ない。

だけれども、
それらを崩す
「理由」を持ってして

エッチな欲求を引き出す、
フック的なトークさえあれば

そういった
欲望を引き出すことは
難しいわけではないので

いかにして?
その女性が求めている
ニーズを引き出し

恋愛モード
セックスモード

へスムーズにリードすることができるか?が
成功の鍵となるだろう。

蛇足になったが、
今日はそんな一日だった。

明日は
六本木のバーへ行く予定なので
楽しみである。

ツイッターとブログで
追って報告することにする。

それではまた!

-ナンパの教材, ナンパ心理学, 大阪ナンパ実践
-,

Copyright© 軟派わが闘争 , 2019 All Rights Reserved.