ネットナンパ 大阪ナンパ実践

【負け】タップルでマッチングしたアラツーとまさかのホテル負けした話

2018年10月13日

負け|タ|25歳|開発系

10月12回目のアポは
タップルでマッチしたアラツーとUでデート。

結果は負け。

ホテル打診が通ったものの
エチグダで終わってしまい

さらにホテル代が
かさんでしまったのが残念だった…。

いろいろと勉強になったので
負けの記録をここに記す。

まさに
僕は負けを晒そうと思う…だ。

※言いたいだけ(最近ハマっている)

【アポ】10月12回目 【敗因】脈なしサインを見抜いていたが打診し損切しなかった

流れと反省

マッチから負けまでの流れは
こんな感じだ。

  1. タプでマッチ
  2. ルーティンでLINE誘導
  3. Uで合流
  4. Uで食事(ホテル打診)
  5. コンビニ
  6. ホテル
  7. 負け

負け要因

負けた原因としては
相手のコンディション(体調)が
悪かったのにアポを入れたこと。

合流後の脈アリサインが無いにもかかわらず
ホテル打診をしてしまったこと。

あんまり会話が盛り上がらなかったこと。

割り勘で解散しておけば良かったものの
即数を上げることにこだわってしまって
損切ができなかったこと。

Uのホテルやお店のリサーチを怠り
価格設定が微妙なホテルを選んでしまったこと。

上記の点が思い当たる感じだ。

反省点

次に活かす反省点としては
やはり事前にLINE通話をしておいて

ある程度スクリーニングや
向こうの食いつきを確認しておく…ということ。

ただこれが難しくって、
マッチしてすぐに会うなどの場合

仕事や時間の関係で
通話する時間が作れなかったりする。

だからできるだけ
会った時にトークで仕上げられるような
腕をもっと磨かなければいけない…というのが課題かも。

私のケースでは

人によって
刺さる場合と
刺さらない場合とが

結構、ハッキリしていたりする。(笑)

あとはUのラブホやお店をリサーチして
それをルーティンとして確立しておかなければ
ならない…とも思った。

Nでアポばっかりしているので
Uの事があんまりわからない。

事前の準備を怠っては
いけないなーと深く反省した。

アポを終えてみて

只今2連敗。

負けが続くと精神がぐらつくケースもあるが
徐々に慣れてきてタフになってきた感がある。

なので気にせずに次のアポを入れようと思う。

今月も折り返し地点に来たが
ペースを上げなければ厳しい。

気合いを入れてアポに臨もうと思う。

最後に

昨日、トーマスさんとドグマさんのnoteを購入した。

トーマスさんは
「紳士刺しメソッド」

ドグマさんのは
「百人一首ルーティン」

どちらも面白い内容だったので
うまくアポに活用していきたいと思う。

そんじゃーね!!

-ネットナンパ, 大阪ナンパ実践
-,

Copyright© 軟派わが闘争 , 2019 All Rights Reserved.